【DVD】『税理士が知っておくべき印紙税 -顧問先からの印紙税の質問に答えられますか?-』

発売中 DVD 税務

※数量をご記入の後、お客様の情報をご記入の上、FAXまたはメールにてお申込ください。
お支払い方法につきましては、別途メールにてご案内申し上げます。

商品名 税理士が知っておくべき印紙税 -顧問先からの印紙税の質問に答えられますか?-
講師 鳥飼重和
収録日 2016年12月05日
収録時間 約2時間
販売価格 (本体価格15,000円+税)
お問合せ・お申込み先

株式会社 日本経営税務法務研究会
TEL: 03-5217-5295 
FAX:03-5577ー6551

主催 株式会社 日本経営税務法務研究会
講師からのメッセージ

文書には、印紙税がつきものです。
ところが、印紙税は、つかみどころがなく、その専門家がほとんどいません。ところが、税収不足の国情から、大きな税収源になっている印紙税の調査が多くなっています。
多数の定型的な文書を扱う顧問先では、文書の作成の仕方次第で、想定外の相当な金額の印紙税がかかったりします。
そのため、税理士は、印紙税に関する基本的考え方はマスターしておくことが必要になります。
具体例を用いて、印紙税の基本的考え方を解説し、印紙税を理解する基礎を提供します。

DVD収録概要

1. 文書には、印紙税問題が控えている

2. 顧問先の印紙税の質問に答えられるのか?

3. 印紙税調査に税理士は代理権があるのか?

4. 印紙税の基本的な考え方を知る
  ~印紙税は、民法などの変形で不透明

5. 文書の作成次第で、印紙税が変わる

6. 印紙税には、想定外の課税があり得る

7. 具体的実例で、印紙税を理解する

8. 印紙税の調査と税理士の立ち位置

返品・交換について

商品管理には万全を期しておりますが、万一破損品、汚損品、不良品が届いた場合、商品到着後7日以内に日経税事務局にご連絡をお願い致します。

その際、お客様のお名前、ご注文番号、返品商品名、返品理由、及び「交換」又は「ご返金」希望の旨を明記の上 ご連絡をお願い致します。

ご返品は以下の場合のみお受けいたします:
- 破損品をお送りしてしまった場合
- 汚損品をお送りしてしまった場合
- 誤配品をお送りしてしまった場合

日経税事務局にご連絡頂きますと、返品受付番号を発行いたしますので、返品番号を納品書にご記入の上、当社宛に着払いにてご返送いただくようお願いいたします。

商品到着後、良品と交換をさせて頂きます。

返品希望商品について、返品商品を受領、確認でき次第順次返金手続きを開始します。
支払方法は銀行振込みでの返金となります。
返送品が到着してから返金が完了するまでに日数がかかる場合がございます。
処理が完了次第、メール等で連絡いたします。